フランス語を聞き取るときの注意点についてアドバイスをしようと思う。

今日、お伝えしたいのは「子音の同化」だ。

特に、無声子音のあとに有声子音が続くと、無声子音が有声化することがある。

例えば、manque de respect(尊敬心の欠如)のmanque(マンク)の発音が、そのあとのde(有声子音で始まる)に影響されて、mangue(マング)のように発音されることだ。

manque de respect
   ↓
man"gue" de respect

この場合、マングドゥレスペという音を聞いて、manqueがそのあとのdeに影響されてmangueのような発音になっていることに気づかないと、mangueってなんのことだ?と考える羽目に陥ってしまう。

私の印象では、逆に、有声子音がそのあとの無声子音に影響されて、無声子音になってしまうのは、あまり見受けられないようだ。