つい最近話題になったトマ・ピケティ(Thomas Piketty)が自分の本を紹介している動画を見つけた。



この人はかなり早口なので理解しにくい。
内容も経済に関することなので難しいが、大体、このようなことを言っているようだ。

----------------------------------------------------------------------

この本は、18世紀からの資本と資本主義の歴史を追ったもので、これはまず、歴史の本です。

私は、「ゴリオ爺さん」のなかで、ヴォートランがラスティニャックに示した社会の不平等の構図が正しいものか、そして、その後、事態は変わったのか、変わったとすればなぜか、などの問題に答えようとしています。

人々は、当時に比べれば、現代の世界は、不平等でないとの印象を持っているでしょうが、
私は、資産や不平等の構造において、実際に何が変わったのかを示したかったのです。

patrimoine :資産

結論として言えることは、世界がこれまで成してきた改善や進歩は、偶然の産物とは言わないまでも、特定の状況によるものだ、ということです。

資産の構造を変えたのは、二度に渡る世界大戦のような暴力的な出来事であって、第二次世界大戦後、世界が資本主義を超えたというわけではありません。

dépassement:超えること、超越すること (dépasser より)

たしかに、戦前の資産分配の不平等は解消されましたが、それは、世界大戦により財産が破壊されたためであって、戦後、ヨーロッパの経済成長がアメリカに追いつくと、再び、経済成長は遅くなり、過去から引き継いだ資産が威力を持ち始めたのです。

また、貧困がなくなることに対する大きな希望がある一方、大きな資産配分の不平等が生まれてきていることも事実であり、私は、21世紀が、19世紀と同じような不平等な世界になるのか、それとも、20世紀に約束されたような、もっと平等で民主的な世界になるのかを確認したかったのです。


私がこの本で指摘している資本主義の中心的な矛盾には、簡単な解決策がありません。ないわけではありませんが、複雑なものになります。
La contradiction centrale du capitalisme et la dynamique des inégalités que je pointe dans ce livre, malheureusement n'amènent pas de solutions simples. Enfin, il y a des solutions mais elles sont compliquées.

基本的にある矛盾は、過去に蓄積した資産が新たに資本として投資される収益やリズムと成長の間の関係です。
Alors, d'abord, la contradiction fondamentale est bien vraiment la relation entre le rendement du capital, c'est le rythme auquel les fortunes issues du passé et les patrimoines accumulés se recapitalisent et progressent de même d'une part et l'autre, la croissance.

19世紀や18世紀のように、年1%や2%などの低い成長率になってしまえば、資産の収益産出の速度が成長率より速くなり、かなりの不平等を生み出します。
A partir du moment où on est à nouveau, comme au 19ième siècle, 18ième siècle, dans un régime de croissance relativement lente, 1%, 2% par an, inévitablement, on a ce rendement de capital plus rapide que la croissance, qui produit des inégalités assez démesurées.

解決は簡単ではありません。それは国家間の高いレベルの調整を必要とするからです。つまり国という小さな単位では、世界レベル、またはヨーロッパレベルでも、正確な課税などにより資産配分の不平等に制限を加えることは難しくなっており、ヨーロッパやアメリカ、中国といったような地域ブロック単位で課税することなどが必要となってきます。フランスやドイツといった国単位では、この状況に対応することはますます難しくなっているのです。
La solution n'est pas simple, parcqu'il exige un très haut degré de coordination entre pays, c'est-à-dire que pour pouvoir réguler cette dynamique du capital au 21ième siècle, les états, nations du 19ième siècle et du 20ième siècle sont tout simplement trop petits, c'est-à-dire que c'est très difficile de, par exemple, taxer correctement les fortunes au niveau mondial evidemment, même au niveau européen, en se plaçant d'un point de vue d'un pays pris isolément. Donc, il ya des solutions mais quie passent par l'union européenne, l'union nord amériaine, l'union chinoise, enfin, au niveau d'un bloc régional, il est possible de réguler cette dynamique, notamment par le biais d'un impôt sur les fortunes les plus importantes, maintenant pour des petits pays, l'europe est morcelée en des petits pays, parceque même la France, même l'Allemagne, à l'échelle de l'économie-monde, sont des pays de petite taille, ça devient de plus en plus difficile de réagir à cela(?).

この本のメッセージは、ヨーロッパの国家間の違いを超越し、本当の政治的な連合を作り、現在の社会モデルを守ることの必要性です。なぜなら、国家間の競争が悪化すれば、過去に見れらたよりもさらに不平等な世界を招くことになるからです。
Donc, s'il y a un message qui ressort du livre, c'est assez clairement la nécéssité de dépasser les différents(?) entre les pays européens et d'avoir une union, une véritable union politique européenne, pour défendre ce modèle social, ou tout du moins ce qu'il en reste, parce que le jeu de concurrence exacerbé entre pays mène naturellement à un monde qui risque d'être encore plus inégalitaire que les situations observées dans le passé.

----------------------------------------------------------------------

私はピケティの著作を読んでいないのだが、要は、経済成長が低い場合は、一生懸命働いて収入を得るよりも、親の遺産などを投資して収入を得た方が大きな富を得ることができ、当然、親の遺産を相続できるかどうかは本人の努力とは関係ないので、不平等な世界になる、ということのようだ。

それに対する解決先は簡単ではないが、やはり、財産に課税して、それを平等になるように分配する、ということが考えられているようだ。

興味を持たれたかたは、下記のような本を参照されたい。

Le Pere Goriot (Le Livre de Poche)
Le Pere Goriot (Le Livre de Poche)Honore de Balzac

Livre de Poche 2004-09-08
売り上げランキング : 42272


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




Le capital au XXIème siècle
Le capital au XXIème siècleThomas Piketty

Seuil 2013-08-30
売り上げランキング : 12854


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


21世紀の資本
21世紀の資本トマ・ピケティ 山形浩生

みすず書房 2014-12-09
売り上げランキング : 136


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で『21世紀の資本』は読める!
【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で『21世紀の資本』は読める!高橋 洋一

あさ出版 2015-02-20
売り上げランキング : 1831


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



マンガですぐわかる!ピケティと21世紀の資本論 格差の本質とこれからの私たちがやるべきこと
マンガですぐわかる!ピケティと21世紀の資本論 格差の本質とこれからの私たちがやるべきこと安部 徹也

SBクリエイティブ 2015-04-30
売り上げランキング : 33156


Amazonで詳しく見る
by G-Tools